女性空手家が道場主 「高岡の親子で学べる空手道場」

NPO社会教育団体 空手道 千山道場 |www.senzandojo.net
TAKAOKA , TOYAMA , JAPAN

千山道場マスコットレインくん千山道場 堀田千宴子師範/Chieko Horita千山道場 堀田千宴子師範/Chieko Horita

☆【NPO社会教育団体 空手道 千山道場】富山県高岡市内公共施設 (拠点会場:高岡市立高陵中学校体育館武道場) 
本部事務局 富山県高岡市御旅屋町101 高岡大和百貨店6FまなぶんTEL: 050-3631-1003
☆【堀田千宴子空手道教室】(拠点教室:北日本新聞カルチャーパーク高岡まなぶん)富山県高岡市御旅屋町101 高岡大和百貨店6Fまなぶん TEL: 0766-22-8880   イオンモール高岡JEUGIAカルチャーセンター 富山県高岡市下伏間江383 イオンモール高岡2F TEL: 0766-27-2470 
☆【高岡中央ジュニア空手道スポーツクラブ(少年団)】 【千山道場スポーツ少年団】  【千山武徳会】  【NPO社会教育団体 千山会】 富山県高岡市 本部事務局TEL: 050-3631-1003

HOME > マスコミ掲載

空手が私にくれたものあなたにも伝えたい。


ニュース・パブリシティー

■最近のパブリシティーはfacebookでご紹介しております。 

千山道場開設以降、年間とおし私達の活動は多数のメディアでご紹介頂いております。
公式ホームページ更新が追いつかないため、当面のあいだ千山道場facebookページで掲載情報をご案内いたします。

▼最新の情報は、facebook千山道場ページでご確認ください。

■第1回千山道場 高岡祭礼稽古奉納 

平成24年5月2日 高岡祭礼御車山祭りの祭事を司る高岡関野神社の例大祭行事の一環として千山道場 稽古奉納をさせていただきました。

関野神社の例大祭として御車山祭りをはじめとした一連の神事の終わりに関野神社の神楽(浦安の舞)と千山道場 堀田千宴子代表の型(観空)を柔と剛の演武として関野神社としてはじめて奉納され高岡祭礼の一連神事が終了いたしました。その後、千山道場稽古奉納として道場生の各クラスから代表と特別参加として空手道教室の各代表が型を奉納しました。



▲北日本新聞インターネット版webunよりイメージ(5月2日夜8時掲載)


▲H24.5.3 北日本新聞朝刊

関野神社で空手奉納 高岡・千山道場

北日本新聞カルチャーパーク高岡(愛称・manabun=まなぶん)などで空手を教える高岡市の「NPO社会教育団体 空手道 千山道場」の堀田千宴子代表と生徒が2日、同市の高岡関野神社で空手の形の奉納を行い、さらなる上達を誓った。

 同道場やまなぶんで練習する園児から60代まで11組計13人が参加。神事に続き、厳粛な雰囲気の中、堀田代表が演武を行った。全員で基本稽古をした後、順番に1組一つずつ形を披露。それぞれ気合十分な様子で呼吸を整え、突きや蹴りを繰り出していた。

 奉納は、千山道場と高岡関野神社が練習生たちに地域の文化に触れ、日頃の成果を披露してもらおうと初めて企画。同神社の春季祭礼の一環として実施した。

■上達誓い空手奉納へ

高岡関野神社「千山道場・まなぶんの14人」

神前でりりしい空手をみせよう---。高岡市の北日本新聞カルチャーパーク高岡(愛称・manabun=まなぶん)などで空手を教える「NPO社会教育団体 空手道 千山道場」(堀田千宴子/ちえこ 代表)の生徒が5月2日、高岡関野神社で、初めて空手の型の奉納を行う。「まなぶん」からは子供や女性も特別参加し、稽古に熱が入っている。<2012.4.22 北日本新聞掲載>

空手の奉納は、千山道場と高岡関野神社が、空手を習う生徒達に地域の文化に触れ、日頃の成果を披露してもらおうと企画した。奉納は春季祭礼の一環。柔和な雰囲気の神楽「浦安の舞」もあり、空手との競演が楽しめる。
 当日は、同道場とまなぶんから12組計14人が参加。1組につき一つの形を披露し、さらなる上達を誓う。
 まなぶんでは21日、出演者が真剣な表情で稽古に励んだ。親子出演する小矢部市の島田カヨエさんとコウタ君は「大きな声で気合を入れたい」と話し、高岡市定塚小の茶谷リュウシン君は「間違わないようにしっかりと練習したい」と力を込めた。
女性クラスから出演する同市の山田キヨミさんは「神聖な場所で披露できて光栄」と笑みをこぼした。

2012初稽古会&寒中稽古 

平成24年1月5日 高岡市立高陵中学校体育館武道場にて千山道場とまなぶん空手道教室の初稽古会を開催いたしました。寒い中3歳から60歳代の老若男女が空手の稽古をとおし気合をいれて基本稽古・移動・型・組手などの初稽古をいたしました。その後、高岡CATVの番組収録も行われました。



▲2012千山道場初稽古に高岡ケーブルネットワークの
女性アナ柳原さんが「女性空手家の道場に潜入!」

<初稽古 基本みっちり/堀田さん空手指導>

北日本新聞カルチャーパーク高岡(愛称・manabun=まなぶん)で空手道教室を開く堀田千宴子さんが5日、高岡市高陵町の高陵中学校で、同教室と自身が代表を務める千山道場の合同初稽古を行った。3歳から60歳代までの受講生、道場生合わせて約30人が汗を流した。
 千山道場は高陵、志貴野中学校を拠点に週3回活動。まなぶんでは初心者向けの4講座を開いており、今月から小中学生、女性を対象にした3講座が加わる。新講座を記念し合同稽古を開いた。
 同道場ジュニアクラスリーダーの石崎聖奈さんが「礼心技体」の向上に努める、新講座ジュニア空手道教室」でリーダーを務める岩原巧摩君が「基礎を大切にし、見本となるよう頑張る」と宣言。参加者は準備運動で体をほぐした後、大きな掛け声とともに突きや蹴りなどの基本を練習し、熱のこもった組手を繰り広げた。


▲平成23年6月20日 北日本新聞さん
(クリックすると拡大されます)

平成23度高岡まこと銀行募金

千山道場ジュニアクラス姉妹と代表が預託表敬訪問

【高岡のめぐまれない方々へ会費の一部を預託】

【高岡まこと銀行に預託】
空手道の千山道場(事務局・高岡市)は11月9日、道場会費などから積み立てた2万2、212円を高岡まこと銀行に預託した。
 同道場は北日本新聞カルチャーパーク高岡(愛称・manabun=まなぶん)空手道教室講師の堀田千宴子さんが代表を務め、高陵、志貴野中学校を拠点に活動している。
 堀田さんと、道場生代表の聖奈さん、結愛さん姉妹が市役所を訪れ、同銀行副理事長の永山市福祉保健部長に「高岡の恵まれない方のために使ってください」と手渡した。

NPOボランティア活動 夏休みジュニア空手道教室 

空手の基本学ぶ

夏休みジュニア教室


 空手初心者の小学生を対象にした「夏休みジュニア空手道教室」の前期コースは6日、高岡市御旅屋町の御旅屋セリオ(高岡大和)6階にある北日本新聞カルチャーパーク高岡で始まった。北日本新聞社共催。

 同パークで3教室を開いている堀田千宴子さんが講師を務めた。参加児童約10人は礼儀について学んだ後、大きな掛け声とともに突きや蹴りなどの基本動作を練習した。

 20日から後期コースが開かれる。申し込み、問い合わせは北日本新聞カルチャーパーク高岡、電話0766(22)8880、または千山道場、電話050(3631)1003。

▲2011.8.7 北日本新聞朝刊掲載記事より



「まなぶん空手道教室」と「千山道場」の合同稽古会 

平成23年6月20日 千山道場の提携教室でもある「北日本新聞カルチャーパーク高岡まなぶん空手道教室」の3つの講座「キッズ&女性のためのはじめての空手道教室」「50歳からのはじめての空手道教室」「ビジネスマンのためのはじめての空手道教室」受講生の皆さんに本道場の基本稽古に体験。その後、千山道場の稽古発表会の基本稽古・型・組手などを参観いただきました。

千山道場の大きなテーマの一つでもある、親子空手やご年配者も一緒にできる社会教育の空手道を理想としている道場としてのさらなる大きな一歩となりました。参加者は2歳から65歳までの老若男女。なんと60前後の方が5名参加していただきました。



▲平成23年6月20日 北日本新聞さん
(クリックすると拡大されます)


※記事上にある、千山道場では少年部・女性部に分かれて鍛錬していますとありますが、詳しくは、社会教育の武道空手を大前提としている千山道場の大きな特徴として、子供から女性・年配者・一般まで、可能なかぎり一緒に稽古しています。
稽古内容により組手稽古のみ分かれて稽古します。

千山道場 チャリティー座禅会 in 国宝瑞龍寺

平成23年2月27日 千山道場の社会教育プログラムとして心の鍛錬として座禅を体験しながら、地元の宝である国宝瑞龍寺さんをもっと深く感じ学ばせていただくためのイベントを開催しました。また、参加費をNZ地震災害義援金募金しました(1万1700円)。


▲平成23年2月28日 北日本新聞さん
(クリックすると拡大されます)

心静め高岡・瑞龍寺で座禅 空手道千山道場が体験会

空手道千山道場(堀田千宴子代表)は27日、高岡市関本町の国宝瑞龍寺でチャリティー座禅体験会を開き、道場生と一般公募の計17人が心を静めて取り組んだ。参加費は北日本新聞社を通じてニュージーランド地震の被災者救援に役立てる。

参加者は禅堂で同寺の四津谷道宏副住職から、座り方や呼吸法の指導を受け、座禅を組んだ。終了後、仏殿や法堂などを見て回った。

体験会は、同道場の1周年と「北日本新聞カルチャーパーク高岡」(愛称・manabun=まなぶん)での新講座開講を記念して開催した。

▲北日本新聞 2011年02月28日より


▲平成23年2月28日 北陸中日新聞さん
(クリックすると拡大されます)


▲平成23年3月1日 北日本新聞さん
(クリックすると拡大されます)

北日本新聞カルチャーパーク高岡 千山道場提携空手道手教室

子供や女性、ご年配者、ビジネスマンが楽しく空手の基本を学べるように、高岡の女性空手家の「NPO社会教育団体 空手道 千山道場 」堀田千宴子 代表が講師として、千山道場の武道道場とは違った形の『明るく!楽しく!元気に!』をテーマにした、はじめて武道や空手に触れていただく方のための教室です。


▲平成23年2月27日 北日本新聞さん
(クリックすると拡大されます) 

高岡まこと銀行に寄付金預託

平成22年4月23日 千山道場の道場生からの運営会費を毎月募金積み立てし、空手の稽古をしながら慈善の意識を持たせるための社会教育プログラムの一環として、地元の福祉に役立ててもらおうと高岡まこと銀行(高岡市役所福祉課)へ募金預託を行ってまいりました。

千山道場「高岡まこと銀行」募金 北日本新聞記事
▲2010年4月24日北日本新聞さん

(クリックすると拡大されます)

千山道場「高岡まこと銀行」募金 富山新聞記事千山道場「高岡まこと銀行」募金 富山新聞記事▲2010年4月24日富山新聞さん
(クリックすると拡大されます)

女性空手家が目指した”親子”道場

平成22年1月7日 女性空手家が高岡市で空手道場を開きました。フルコンタクト(直接打撃)空手では女性の道場主は、まだ全国的にもめずらしいということもあり、千山道場 千宴子代表の「想いと活動の抱負」をマスコミ各社さんが取材されました。



▲2010年3月11日放映 NHK富山報道番組「イブニングアクセス富山」より

 



▲2010年1月8日 KNBさん 「ニュースリアルタイム」

2010年1月8日 北日本新聞さん▲2010年1月8日 北日本新聞さん
(クリックすると拡大されます)



▲2010年1月22日 チューリップTV 「THE NEWS」枠 生出演

TV取材/女性の空手

’05千宴子@選手/取材

'02千宴子@選手/取材